MENU
ゼロから学ぶアフィリエイト講座はコチラ

ネットショップとハンドメイドの掛け持ちで月商120万!独立開業の道のりを公開

神奈川県在住、35歳男性です。職業は雑貨をメインとしたオンラインショップ経営とハンドメイド作品の販売をしています。

趣味はゲーム、骨董品(小物)集めです。

気に入った品はコレクションしていますが、高値が付きそうなものはヤフオクなどに出品しています。

家族構成は妻と息子が一人おり、賃貸住宅で暮らしています。

 

現在、オンラインショップ経営とハンドメイド雑貨の販売を行っています。

オンラインショップでは日本製にこだわっています。

  • 日本刀の技術を応用した包丁やフライパンなどの調理器具
  • 肌触りのいいタオルやお風呂かごなどの浴室グッズ
  • 江戸切子や職人が加工したタンブラーなど日本の職人技が光る品

 

これらを厳選して販売しています。

こちらはほとんどが無在庫販売なので、自身で発送を行うことなく、注文を受けたら卸に連絡し、発送もしてもらっています。

また、ハンドメイド販売も行っており、レザーを加工したお財布やキーホルダーなどの小物をハンドメイドサイトに出品しています。

売り上げはオンラインショップが月商80万円程、ハンドメイド販売が月商40万円程です。

目次

ハンドメイドで独立開業しようと思ったきっかけ

元々副業でドロップシッピングのサイトを経営しており、月に10万円程の売り上げがありました。

本業は会社員でIT関係の仕事をしていましたが、月の残業が平均80時間ほどであったにもかかわらず、残業代が一部しか認められなかったのでカツカツの生活を送っていました。

休日は主にプログラミングなどの勉強に充てていましたが、本業を頑張るのが馬鹿らしくなり、次第に副業に時間を割くようになりました。

SEOの知識は多少あったので、初めて読む参考書でもすんなり理解することができました。

その結果、副業の売り上げが30万円程に増え、もっと力を入れれば本業の収入を超えると感じ、体を壊す前に退職して起業することを決意しました。

 

独立前の勉強法について

本業がIT関係だったので職場に様々な参考書が置いてありました。

ただ、Googleの仕様が日々変わっている時期だったので、あまり参考にはなりませんでした。

Amazonのランキング上位に入っている参考書を購入したこともありますが、主に参考にしたのはSNSやWebでの情報です。

本の内容は購入時から変わりませんが、インターネット上の情報は常に更新されていくため、生きている情報が手に入る為です。

セミナーへの参加を考えた時期もありましたが、「絶対に月商100万円以上のサイトが作れる」「月に3回程度の作業で月○○万円」など怪しげなキャッチフレーズのモノが多く、参加費を払うのに抵抗があったため、参加しませんでした。

とにかくWebサイトは検索上位に入ることが肝心だと考えていたのでWebで収集した情報を基にSEO対策の勉強をしていました。

 

独立時の開業資金は100万円

開業資金は100万円ほど用意しました。もっと少なくてもいいかと思いましたが、お金をケチって不完全なものが出来上がるより、初期投資をしっかり行おうと考えたため、きりのいい100万円としました。

副業だったものを本業にするにあたって、さらにグレードの高いサイトにするため、より高価なカートを借りました。

  • 初期開設費用で10万円
  • 年間使用料が12万円
  • SEO対策費で10万円
  • 広告費で10万円
  • 商品の仕入れ代に10万円程

 

使ったので初期費用は52万円程でした。

必要に応じて借り入れも行う予定でしたが、何も実績のない状態ではクレジットカードをつくるのもままならず、借り入れはできなかったと思います。

 

開業時の苦労について

とにかく信用がなかったのでクレジットカードを作ることができず、運転資金の管理が大変でした。

また、サイトを一から立ち上げましたので、Google検索上位に入るまでの期間は訪問者が少なく、当然売り上げもなかったので数か月は無休で働いていました。

ハンドメイド販売も行っていたので完全な無休ではありませんでしたが、貯金を切り崩して生活していました。

今思えば、副業で運営していたサイトを残しておけばよかったのですが、片手間で30万円程のサイトができたので、すぐに50万円・100万円のサイトができるだろうという驕りがありました。

また、検索からの流入に期待ができない以上、広告を多く打つ必要がありましたが、紙媒体への広告は無駄だったと思います。

営業から電話があり、聞いたことのある雑誌だったのと、今回たまたま空きが出たというセールス文句に負けてしまいましたが、本を見てわざわざ検索をかける人は珍しく、費用対効果は最低でした。

 

独立してよかった点について

起業してよかった点は「自由な時間が増えたこと」「頑張った分だけ返ってくること」です。
自由な時間といっても休みが増えたわけではありません。

働く時間帯や労働時間を自分で選択できるようになり、生活にメリハリが生まれたと思います。
また、頑張った分だけ返ってくるというのは必ずしも報われるという意味ではありません。

ただ、自分のやっている作業には意味があると信じていたので仕事自体が楽しかったです。

それが実を結んだときの喜びもひとしおで頑張ってよかったなぁと感じる瞬間です。

悪かった点は収入が不安定な事です。

会社員時代は安定した給与をもらっていましたが、現在では売り上げがなければ給与も出せません。

また、売り上げの波も激しく、流行や時期もあるので休みを取ると不安になってしまうことがあります。

 

今後目指す人へ

今はコロナの影響もあり、副業を認める企業が多くなっています。

そのため、本業で給与をもらいつつ副業で始めてみるのがいいと思います。

安定した収入があるだけで精神的にもすごく楽になるので、副業が本業の収入を超えるまでは副業として様子をみてもいいと思います。

あと、クレジットカードは会社員時代に絶対に作っておくべきです。

支払いが翌月になるというだけでお金の使い方が変わってきます。

また、自身の目標ですが、休みを安心してとれ、給与も安定した堅い経営が目標です。

そのためには人を雇うなど人件費がかかってきますが、社会の役に立つためにも、ある程度安定した売り上げをあげるサイトにしていきたいと思っています。

そして、買った人に喜ばれるショッピングサイトにもしたいと思っています。

起業で成功するのは容易ではありませんが、無謀な事でもありませんので、一か八かではなく、できる範囲で模索していけばいいと思います。

よかったらシェアしてね!

コメント

コメントする

目次
閉じる