MENU
ゼロから学ぶアフィリエイト講座はコチラ

個人エステサロンの起業の流れ!月100万までにやったこと

個人店でエステサロンを経営しています。
開業十年以上になりますが、顧客の数は安定しており、1日に15人いくかいかないかくらいですが、他にも外部に講習に行ったりするのでそれも含めて月100万の売り上げはあります。

最近は全国に行くようになり講習の数も増えてきました。

ですが、健康保険や税金など引かれる額もかなり多いです。

年収1000万いきたいところですが、その税金対策として売り上げを少なく微調整したりしています。

また、機械のメンテナンスや購入にかなりの額を使うので、経費が大きいです。一台の機械100万以上はするし機械も一台ではないし、施術で使う材料や部品など一つ一つが高いので、維持費は節約できずいつも高めになってしまいます。


開業十年以上になりますが、顧客の数は安定しており、1日に15人いくかいかないかくらいですが、他にも外部に講習に行ったりするのでそれも含めて月100万の売り上げはあります。

最近は全国に行くようになり講習の数も増えてきました。

ですが、健康保険や税金など引かれる額もかなり多いです。

年収1000万いきたいところですが、その税金対策として売り上げを少なく微調整したりしています。

また、機械のメンテナンスや購入にかなりの額を使うので、経費が大きいです。一台の機械100万以上はするし機械も一台ではないし、施術で使う材料や部品など一つ一つが高いので、維持費は節約できずいつも高めになってしまいます。
目次

個人サロンで起業しようと思ったきっかけと流れ

最初はエステサロンではなく全く関係のない広告会社に勤めていました。ですが、かなり過酷な環境で一時精神を病んでしまい退職しました。
知り合いの先輩がエステサロンを経営していたので誘われ、初めはなんとなく勤め始めました。

元々美容に関しては努力しており美意識も高い方だったので、やってみたいと思いました。
実際に働いてみるとやりがいを感じ、どんどんエステの業界に興味を持ち始めました。

先輩が経営者でしたので、経営状況を間近でみていて、やり方も教えてもらえたし、だんだん自分も開業できるのではないかと思い始めました。

また、経営自体に興味があったため、開業について勉強したり話を聞いたりして現実に近づけて行きました。

起業前に勉強したこと

先輩が経営者で身近にいたので話を聞いて教えてもらいました。

本は10年前なので今は見当たりませんが、初心者でも分かる開業についての本を購入し読んでいました。
本で足りないところはインターネットで調べるの繰り返しでした。

先輩も忙しいし全部聞くわけにもいかないので、7割は自分で調べて勉強し、わからないことだけ先輩に質問しました。

セミナーは近くになかったしどうなんだろうと当時は抵抗がありいきませんでしたが、本とインターネットだけで十分な情報が得られました。

本は一冊だけじゃ足りず、自営業のポイントや、エステサロンの経営についてや、税金対策の本など5冊以上は読んだと思います。
購入だけではなく、数冊図書館で借りることもありました。

開業資金は200万!自宅を改造して作り上げた

開業の土地、物件は自分の一戸建ての家を使いました。
一階をお店として使っているので、実際かかった資金は機械や施術道具の調達が大部分でした。

開業資金は200万円で、自分の貯金から出しました。

家のローンとして開業場所も元々払っていたため、新たな借り入れはしませんでした。
ほとんど機械や材料、施術道具で資金を使いました。

もし足りなくなれば、銀行から借入しようと考えていました。

エステサロン開業場所はレンタルでも、ほかで購入する方法もありますが、自宅経営が1番開業資金はかかりません。

もし他で開業したくなったら、経営が安定してからレンタルか購入かで決めるつもりでした。
いまでも自宅経営していますがそれでよかったと思います。

開業後に苦労したのは従業員の雇用問題

やはり知識を集めて開業する行程が1番苦労したのと、従業員を雇うか雇わないかでかなり迷いました。

自分のお店にどれくらいの人が来てくれるのかまったくわからなかったので、最初は一人でも大丈夫かとも思いましたが、自分が施術中に誰がきたら対応する人がいないし臨機応変な自体に備えるなら二人以上いた方がいいなとかなり悩みました。

理想は二人なのですが、その分お給料を払う余裕ができるかも分からなかったし、また、未経験者で自分が育てやすい人を雇うのか、経験者で頼れる人を雇うのかでも悩み従業員の雇用は大きな課題でした。

開業のとき、他の経営者は従業員の数などをどうやって決定しているのだろう?とすごく疑問でした。
意見もわかれるところなので、結局自分で考えました。

独立してよかった点について

全部一人でやっていますが、1番は従業員を育てるのが難しかったです。最初は経験者や、業界の専門卒の方を雇用したので各々の技術で施術してもらい良かったのですが、まったくの未経験の方を教えてもなかなか上達せず、そしてクレームも多かったので本人から辞めてしまいました。

良かった点は、自分の思うように経営ができるので上の人と衝突することもないし、その点はかなり気楽でした。

自分がしたかった施術や方法、導入したい新しい技術など自由にやりたいようにできることが、1番のメリットでした。
いろんなお客さんがいるので、クレーム対応したり、なかなか施術が終わっても帰ってくれないなど一人で対処しないといけなかったり大変なところもあります。

独立前に経験者の話を聞くのが重要

もしやってみたいと開業に興味があったら、身近に経営者がいるなら話を聞いてみるといいかもしれません。

業界は異種でもいいので、開業して良かったところをたくさん聞いてみてください。

開業は大変だし、経営者は業務や対応上孤独にもなりがちですので、そのあたりのデメリット、対策、気をつけることも知っておくと経営してからギャップも感じにくいと思います。

私の今後の目標としては、今の顧客を大事にしていき、このまま安定を保つ事です。

また、講習をしてもっと技術を伝授していきたいし、自分のサロンの名前が広がれば良いなと思います。

第二店舗展開の話もあり、いまはその話を進めています。支援者を頼りながらですが、無理をせずこれからも経営を楽しんでいきたいです。
よかったらシェアしてね!

コメント

コメントする

目次
閉じる