MENU
ゼロから学ぶアフィリエイト講座はコチラ

ハウスクリーニングは儲かるの?未経験の46歳で独立するまでの体験談!

現在ハウスクリーニングを営んでおります。個人事業主として経営しております。起業して4年くらいです。

家族経営で、妻とともに日々仕事に励んでいます。わたしの年齢は50代です。

家族構成につきましては子どもはおりません、夫婦のみで生活しております。近畿圏に居住しています。趣味はミニチュアの製作です。

DIYリフォームも好きで、築年数50年の借家を直しながら楽しく暮らしています。

 

事業内容としては、清掃業にあたります。主にハウスクリーニングを承っておりますが、そのほかの清掃も行います。

床を清掃しワックス施工をしたり、エアコンのクリーニングを行ったり、引っ越した後アパートのクリーニングを行うこともあります。

またサービス付き高齢者向け住宅の空き部屋のクリーニングも受けたりしています。

最近、リフォーム後の一軒家のクリーニングも依頼されました。

実際のところ清掃業は売り上げはそんなに多くありません。現在、売り上げは年間200万円くらいでしょうか。

幸い古い借家なので家賃が激安のため、何とか生活できています。立ち上げが遅かったのもあり、これから売り上げが上がっていくと思っています。

今は我慢のしどころでしょうか?

 

目次

ハウスクリーニングで起業するきっかけと準備の流れについて

もともと起業するつもりはさらさらありませんでした。両親が歳をとり、地元に戻って来てほしいとの要望があり、長年住んでいた場所から引っ越すことになってしまいました。

もともと夫婦ともにチェーンストアに勤めていたので、年齢が進んだ状態で就職活動をすることに困難を覚えました。とにかく面接が通らない。

焦っていたところ、近しい友人がハウスクリーニングの仕事をしないかと声をかけてくれました。

これは渡りに船と友人に雇ってもらえると思い、履歴書を持参したところ、個人事業主にならなくてはならないと判明。

慌てて個人事業主とは何ぞやと、インターネットで調べ、個人事業主として起業することになってしまいました。意外とこういう始まり方もあるのかとびっくりしました。

 

起業前の勉強について

私たち夫婦はまったく起業するつもりがありませんでしたから、個人事業主とはいったい何なのか、というところから入りました。

ついでに青色申告?白色申告なども分かりませんでしたので、そちらもインターネットでしらべ、さらに個人事業主に関する本や、起業に関する本を読み漁りました。

実際に個人事業主として立ち上げるために、地元の税務署に足を運びました。

税務署の職員の方はものすごく親切で、書類の書き方や、手続きの方法、妻を専従者にするかどうかなどなど相談にのってくださいました。

また青色申告に関してもインターネットで調べました。

結局長期的にみて、クラウドの会計ソフトを使用するのが一番良いとの結論に達し、オンラインでクラウドの会計ソフトに登録いたしました。

 

ハウスクリーニングの初期費用はほとんどかからない

起業するつもりがありませんでしたから、特に開業資金は貯蓄していませんでした。

もともと清掃業は高額な道具を必要とするものではなく、特に最初に引き受けた仕事がアパートの退去後のハウスクリーニングでしたから、そこまで初期費用がかかりませんでした。

また誘ってくれた友人が、開業祝いと称して、業務用掃除機をプレゼントしてくれたり、お古のワックス用の道具を譲ってくれたりしました。

細かいものは、とりあえず100均でそろえ、軌道に乗り始めてから本格的な道具を購入し入れ替えていきました。

また別の友人が、使用していなかったポリッシャーを譲ってくださったりして、当面の仕事は何とか行えるようになりました。

それぞれの環境にもよると思いますが、私たちの場合は先輩に恵まれたと思っています。

開業後の苦労について

苦労した点としてはやはり起業するつもりがなかったことが一番ではないでしょうか?まず清掃業に関する知識がまったくない状態で起業しました。

起業させられてしまったといっても過言ではありません。

今までチェーンストアに雇われていましたから、指示がないと動けない体質になっていました。現場では夫婦2人しかいなく、わからなくても聞くことができませんでした。

たまに誘ってくださった友人が様子を見に来るのですが、その時に質問攻めにしました。

また清掃する対象物の素材とそれに適合する薬品がわからなかったため、素材を変質させてしまったことがあります。

時には清掃が行き届かず、何度もやり直し作業をしたこともあります。

やはり誰かに雇われて、最終的にその業種で独立した方が絶対楽だと思います。

 

独立してよかった点について

予定が比較的自由に組めることだと思います。

またチェーンストア時代は、創造性を発揮することが難しい面もありましたが、手順や段取りなど、結果さえ残せばこちらに裁量が任されているのも魅力の一つです。

また単価が高い仕事に当たれば、確実に時給よりは金額が稼げます。

効率が良い場合も多々ありました。デメリットに関していうならば、仕事の受注が安定しないことです。

仕事が無いときはほんとに全くありません。

その時の恐怖と言ったら。現在会社にお勤めの方は、今の仕事がなんとなく面白くないとか、自分なんかぼんやり仕事しているとか思うかもしれませんが、今の仕事頑張って続けていった方が良いと思います。

またそんなに対人関係がなくなるわけではないです。むしろ今以上にコミュニケーションがいるかもしれません。

結局仕事って人からもらいますから。

独立を目指す人へ

今あなたは独立しようとしておられますか?大きな企業で働いている場合、仕事が受注できるのはその会社の看板があるからかもしれません。

もし起業しようと思っているのでしたら、綿密に準備することをお勧めいたします。今の時代インターネットでいくらでも調べることができます。

その時にはメリットばかりに心を奪われず、ぜひデメリットをお調べください。また独立したら受注しますよ、と取引先に言われても信じてはいけません。

社交辞令です。

人間関係に悩んでいる方で起業したい方は、楽になる場合もあります。しかし仕事は人間対人間ですので、対人関係は捨て去ることができません。

その覚悟で起業してください。今後私たちの目標としては、技術を向上させていくこと、知識を増やしていくことです。

起業するならば常に新しい技術の習得は必須です。ではお互いにがんばって行きましょう!

 

よかったらシェアしてね!

コメント

コメントする

目次
閉じる