写真や動画の販売も在宅ワークの一つ。写真が趣味の男性はどうぞ!

誰でもブログやHPを無料で作れるようになった今だからこそ、他人と差別化が図れるコンテンツが求められる時代になっています。独自コンテンツの中でも圧倒的に差別化がしやすいのがビジュアルに関するもの。

 

こうしたHPの挿入写真や動画コンテンツなどは、ウェブデザインにおいて重要な役割をになっており、だからこそ、フォトショップなどで画像編集ができる人は、業界内で引っ張りだこです。

 

在宅ワーク,男性,写真,動画,販売

 

こうした編集写真を作り上げるのは難しいのですが、元となる人物写真は風景写真そのものを欲している会社も多く、一度登録しておけば、後は自動でダウンロードが繰り返されるので不労所得に変わりやすい。

 

やはり在宅で男性が稼ごうと思うのであれば、ある程度継続した報酬が安定的に得られることが前提となっており、そんな意味でも写真販売は魅力的だと思います。

フォトリアやピクスタ、ストックフォトが代表的!動画販売は今が黎明期!

実際に自分の撮った写真やビデオで撮影した動画を買い取ってくれる場所はフリー素材を運営しているフォトリアやピクスタが代表的です。

 

ここは日本だけではなく、世界の人も使う大手なので、有名作品を作れると、毎日何百回もダウンロードされて、そのたびに、少しずつですが手数料が入ってきます。

 

在宅ワーク,男性,写真,動画,販売

・・・結構マージンが多いですね。

 

特に一社だけの独占契約の場合は料金も跳ね上がり、販売価格の半分ぐらいが手元に入って来ますので、写真が趣味の方にとっては趣味と実益を兼ねた在宅ワークと言えるでしょう。

 

 

 

 

 

写真販売で成功するために必要なのはテーマとキーワードの設定です。

実際に有料素材のHPを使ってみれば良くわかるのですが、何万点もアップロードされている写真の中からどれを選ぶのか?というのは検索窓に打ち込んだキーワードによって決まります。

 

そこのキーワドに一致した関連度によって、自分の写真や動画が売れるかどうかが決まってしまいます。そこでまずはどんなキーワードで写真が必要とされているのか?

 

ライバルが少ないキーワードで需要がありそうなものを先に選んでおく必要があります。

 

在宅ワーク,男性,写真,動画,販売

 

結論から言ってしまうと、一番難しいのは人の感情を表現する写真です。
これが、ウェブサイトを作る上で非常に重要なのですが、自分がイメージするようななかなか良いものに
巡り合えません。

 

 

また、人物画像は肖像権の問題もありますし、モデルさんに同意をしてもらわないと、販売をすることはできません。だからこそねらい目だと言えるでしょう。

 

ただ、この仕事は国境を超えて大きく稼ぐチャンスがある分野です。本気で参入するなら今がぴったりなのかもしれませんよ?