週末や空き時間にブログに文章を書くだけで稼げるのが在宅ライターの魅力です!

在宅ワークの代表的なものとしてあげられるのが在宅ライターです。ライターとは文章を書く人のことで、特別に資格がいるものではありません。
誰でもなろうと思えば簡単になれるものと思っていいかもしれません。

 

在宅ライターは、発注者、すなわちクライアントの依頼によって、テーマに沿った記事を作成します。主婦の方が多いイメージですが、男性のライターももちろん活躍しています。

 

一般的にはブログやWEBサイト向けの記事を執筆する事になり、与えられたテーマに沿って記事を作成していきます。

 

 

在宅ワーク,男性,副業,ライター,週末

 

報酬は案件や文字数などによって違いがあり、初心者や未経験でもできるような案件なら1記事100円からが一般的でしょう。ただし、中にはスキルの必要な単価の高い案件もあります。例えば医療の専門記事、外国語記事の翻訳、法務文章に関する記事のように、下調べに時間がかかるような仕事です。

 

これはかなり稼げるのですが、単価の高い案件は単発の仕事であるため、必ずあるというものではありません。逆に単価の安いものは定期的に仕事を受注する事も可能となっています。

 

在宅ライターは個人事業主ですから、書いた記事の数だけの報酬をもらうことになります。書けば書くだけ収入は上がりますが、想像しているようにスラスラ記事を作成することはまず無理です。

 

在宅ワーク,男性,副業,ライター,週末

 

 

ほとんどの場合テーマが決まっていますから、得意なテーマであればサクサク執筆が進みますが、苦手なものに当たると思うように進まないことも多々あるのです。

 

正直、男性が在宅ライターとして生計を立てていくのは少し難しいかもしれませんが、副業として、お小遣い稼ぎとして働くには申し分のない仕事でしょう。事実、週末に在宅ライターとして働く男性は多くいます。

 

在宅ライターとして働くためには、在宅ワークの求人情報から自分にできそうな案件を探すのが一般的です。自分で案件を募集できるサイトもありますが、実績がなければまずオファーは来ないでしょう。

 

まずは単価の低い案件から実績を積んでいくしかありません。実績を認められれば単価の高い案件のオファーがあることもあります。在宅ライターとして働くなら、まずはどんどん記事を書いていくことが大切です。